ますます重要性が高まる地域医療!




iryou...4




現代の日本社会は急速に高齢化が進んでおり、
全国の人口における65歳以上の割合が、4分の1を超えようとしている。



押し寄せる高齢化の波の中で、医療の現場に求められているのは、
在宅医療や訪問介護など、身体が不自由になり、
通院するのが困難になった人達への緻密なケアである。



以前に比べれば、認知度が高まり状況が改善されてはきたものの、
対応する医療スタッフや医療施設の充実、
介護保険制度を始めとした、法整備の問題など克服すべき課題は山積みだ。



昔は医師が1人で全てを背負い、
薬局や介護施設などとは分離して医療を行うのが普通だった。



しかし現在はどうだろう。



例えば在宅医療や訪問介護を受けようにも、
独居老人や老夫婦世帯は、住環境が悪い場合が多く、
食事事情や衛生面など、医療以前の問題の解決が大事になってくる。



そのため介護・福祉施設との連携を始め、
各医療機関との緊密なネットワークがかかせない。



地域医療は、ネットワーク医療とも言い換えることができる時代になっているのだ。



さらに最先端医療の発展に伴い、
在宅で診療可能な行為は飛躍的に進歩を遂げている。



「地域のかかりつけ医」という言葉を使う医師は多い。
しかし1つの診療機関でできることは限られている。



これからの医師に求められているのは、
医師としての能力はもちろんだが、
地域ぐるみで患者が適切な医療を受けられる環境整備を可能にする、
いわばコーディネーターとしての役割ではないだろうか。







コメントを残す