発展を遂げるがん治療と医療機器!




iryou...4




いまや国民の2人に1人ががんに罹患するといわれている。



国民病ともいえるがんに対する一般的なイメージは、



「再発を繰り返す」
「不治の病」
「闘病生活がつらい」



など、ネガティブなものが相変わらず多い。



医学の発展でがん治療は急速な進化を遂げているが、
日本人の死亡原因のトップは今なお、”がん” で、
多くの患者が苦しい闘病生活を続けている。



こうした中、医療の現場では様々な治療を駆使して、
症状の改善に努めている。



その1つに、玄米菜食を中心とした食事療法、
心の持ち方を改善して自己免疫力を高める療法がある。



これらの手法は、「マクロビオテック」と呼ばれるもので、
現在この考えを取り入れて、がん治療や再発予防に取り組む、
医療機関が増えてきている。



また、がん治療のための先進医療機器としては、
定位放射線治療を行う、「ガンマナイフ」、「ライナック」
(汎用型放射線治療システム)などが挙げられる。



その他、電磁波温熱治療や、高気圧酸素治療も進んでおり、
これまでのがんに対する標準療法だけでなく、
いろいろな医療を組み合わせることで、
がん患者のニーズにあった選択肢のある医療の提供に、
努めている医療機関が増えている。



療法や医療機器がいくら発展しても、
がんを患う患者自身が病気を治そうとしなければ、
元も子もない。



がんはもともと自分の細胞から生まれるもので、
日々の生活習慣の中で代謝障害を誘発し、細胞に変異をきたし、
長期にわたって成長しがんとして表面化するのだ。



がんを治すという強い意思を持つことが、
早期回復に繋がる一番の早道であることを、強調しておきたい。







コメントを残す