理想の終末期医療とは何か?




iryou...4




最新の医療技術をもってしても、
改善あるいは回復が見込めない患者に対し、
医療スタッフはどう向き合うのか。



在宅医療に取り組む上で直面するのが、
”終末期医療” に関することである。



日本人の約8割は最期の時を病院で迎えるといわれているが、
逆に、患者側の約8割は自宅で家族に見守られながら、
最期の時を安らかに迎えたいという希望を持っている。



このように理想と現実には大きな隔てが存在している。



昔は家族や親族に見守られながら、
家で看取られるのが一般的だった。



理由としては医療技術が十分に発達していない時代であったため、
病院と家で可能な医療に、それほど差がなかったからである。



しかし医療技術の進歩と共に、
病院治療における延命が可能になり、
今日では、病院での看取りが当たり前となった。



患者にとってそれがいいことなのかどうかについては、
意見の分かれるところだろう。



確かに病院では延命できる可能性は高いが、
様々な医療機器に囲まれ、プライバシーも制限されており
何よりもすべてのスケジュールが、「治療中心」に回っている。



果たしてそれが、本当に患者にとって幸せだと言えるのだろうか。



家族にとっては急な病変に対する不安や介護の難しさが、
常につきまとう問題だ。



こうした中、最近は在宅でも質の高い医療を行うことが、
可能になっていることを踏まえて、
自宅での終末期医療を望む患者と、家族は増えつつある。



自分が暮らしてきた家で最期を迎えたい、
束縛されない自由な最期を望む患者は非常に多い。



病院か自宅かの判断は難しく、どちらにも、
メリット・デメリットは存在するが、
自分の意思で納得できる最期を患者に迎えさせてあげることが、
最も大切なことではないだろうか。







コメントを残す